CAV JAPAN
製品情報


T-88


T-88



プリメイン真空管アンプ / ¥172,800 (税込)
特長

小音量では繊細に音楽を奏で、大音量ではエナジー感のあるダイナミクス・サウンドを実現
長時間のリスニングにも耐えうる「透明感」と「あたたかさ」が同居した新モデル


このT-88の設計者は長年、飛行機の無線システム・エンジニアに従事し、音楽を追い求めトランスメーカーに移って40年という経験を持った熟練者です。「HiFiアンプを作りたい」という思いと理念から設計されたトランス重量;出力トランス 3.25kg, 電源トランス 8.0kgのトランスを搭載しています。それ故、T-88が奏でるサウンドは、近代的なパワー感とふくよかな暖かさを持ち合わせたオリジナルサウンドです。
先進性とあたたかさの共存の理念は、入力回路においても守られています。SRPP回路にさらに改良を加え、低歪な信号を作り出すと同時に出力管をドライブさせることで、滑らかな音質にパワー感を加えています。元来のSRPP回路は耐圧の弱さが指摘されますが、T-88では改良された回路の特性を最大限に活かすべく、最適な配置を考慮した回路設計と重量級のトランス類をサポートするシャーシは、剛鉄製の頑強な筐体で、さらに溶接でで組み上げられています。

また、出力段には選別したKT-88プッシュプルを動作させて、高出力45W+45の充実した中低域を特徴としたあたたかみのあるサウンドを再生します。

フロントパネルには、トライ(3極管)/ビーム(4極管)の切換えスイッチがあり、3極動作時の”きめ細やか”なサウンドと、4極動作時の力強いサウンドの両方をお楽しみいただけます。また、15W出力まではA級動作、15W出力以上は、AB級動作ではたらきます。

フォノ回路(NF型MMカートリッジ対応)搭載。MCに関しては別途トランス等を使用。

ステレオ用のボリューム・パーツをそれぞれ左右独立ボリュームとして使用し、高チャンネル・セパレーションを実現しています。ボリュームノブは、アルミ材削りだしを使用し、気品あるフロントパネルと快適な触感を演出します。


仕様

形式: KT-88プッシュプル
使用真空管: KT-88×4, 6SN7×4, 12AX7×2
定格出力: 45W+45W
周波数特性: 15Hz~50kHz
S/N比: 80dB
定格入力感度: 300mV
入力インピーダンス: AUX1,AUX2 100kΩ, PHONO 47kΩ
出力インピーダンス: 4Ω, 8Ω
入力: フロント部1系統、リア部3系統、(フォノRCA1系統)
出力: 1系統(REC OUT)
外形寸法: 400(W)×215(H)×380(D)mm
消費電力 無信号時: 230W / 最大出力時(45W): 250W
重量: 27kg
トランス重量: 出力トランス 3.25kg (×2)
電源トランス: 8.0kg
シャーシ本体: 4.0kg



©2010-2012 CAV Japan. All rights reserved.